= メニュー

BLOG

あなたはヴィンテージ派?アンティーク派?

シンプルな着こなしをありのまま着る「ノームコア(normcore)」の人気が主流でしたが、
その普通な没個性的ファッションの反動なのか、少しずつ個性が芽生えてきています。

 

その究極とも言えるのがヴィンテージファッションとして、

原宿を中心に古着を取り扱うセレクトショップが増えています。

 

かつての古着ブームとは傾向が異なり、価値のあるものだけにフォーカスし、

本来持つビンテージの魅力として表現されています。

 

またノームコアからの反動もあり、他の人とかぶりたくないため、

オリジナル表現のステージとして、ヴィンテージを取り入れる大人が増えているのも特徴と言えます。

 

そもそもビンテージには明確な定義がなく、

どの年代までのものをビンテージに含むのか明確な線引きが難しいと言われています。

 

ヴィンテージ、アンティークの線引き

「ヴィンテージ」とは何を指し「アンティーク」とどのように線引きされているのか。

 

ヴィンテージ / vendage
フランス語では「vin = ワイン」「age = 年齢」になることからワインの生産された年を表わす言葉としても使われていました。極上ワインを希少価値の高い名品とし「ヴィンテージワイン」などと呼ばれています。

英語では「vintage」。「~の頃(時代)」の意味を持つ言葉です。

 

これらから転化し「古いが価値の高いもの」といった意味として広がっていきます。

 

アンティーク/ antique
フランス語で「古美術品」の意味。日本の「骨董品」とは、だいぶ趣きが違うようです。
定義として、「製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」とされています。

 

このような違いのある言葉なのですが、実際には唯一「アンティーク」にだけ法的な定義が定められていました。

 

何か商品を輸入する際には「関税」が発生しますが「アンティーク」と呼ばれるものになると、
この税金が掛からなくなる、というのが大きなポイントです。

 

税金が掛からない方がいいに決まっているのですが、ならば尚更そのラインはキッチリ決めねば、
ということで作られたのが1934年制定のアメリカの関税法による「アンティーク」に対する定義です。
(その後「世界貿易機関 / WHO」もこの基準を採用)。

 

高価なイメージのアンティーク商品

自宅を見渡しても、アンティーク風な家具はありますが、
実際の定義されている「製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」となると、
欲しくても手が出せないのが実情ではないでしょうか

 

そんな方にぜひ見ていただきたい美術品がございます??

 

その名も「パブリック ドメイン美術館」

 

◆パブリック ドメインとは

「作者の死後50年間」が経過した後には、その対象の著作物に対する著作権が消失します。

著作権が消失すると、著作物のコピーを作ったり、演奏するという行為を自由に行えるようになります。
このように「著作権の消失した著作物」を「パブリック ドメイン」と呼びます。

 

「パブリック ドメイン美術館」のサイトは、

大きく分け「 浮世絵、 錦絵の世界」「世界の名画」の2つのジャンルで公開されています。

 

国内外の有名な美術作品を閲覧、利用することが可能です。

有名な葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」、ゴッホ、ルノワールななど誰もが知る作品が満載です。

 

個々の作品にサムネイルが付いており、好きな作品を探しやすい仕様となっています。

また、作品をクリックするとすぐに拡大写真を表示しダウンロードが可能となります。

 

デコプリで名画オリジナルTシャツを作成

今回、デコプリスタッフの中でデザインセンス抜群なSingoくんが名画と画像編集ソフトを駆使し、
世界に一つだけのオリジナル名画Tシャツを作成しました。

本人が好きな名画ヨハネス・フェルメール 「The Girl with a Pearl Earring 1665」

にて作成しております。

 

雰囲気のある煙と文字は画像編集ソフトを使って挿入しました。

 

GIMPなど無料で使える画像編集ソフトも増えてきていますので嬉しいですね。

画像のぼかしなどはデコプリ内のツールで簡単にできます。

 

非常に素晴らし出来となっており、販売しても人気が出るクオリティーに仕上がっています。

 

ぜひアンティーク派の皆さんは名画オリジナルTシャツに挑戦されてはいかがでしょうか

< ブログ一覧へ戻る
pagetop